乾燥肌の状態では、肌のバリア機能が損なわれ、外からの刺激が入り込みやすくなります。そのため化粧水がしみたり、髪がふれただけでかゆくなったりする、化粧水に含まれるわずかなアルコールでかぶれて赤くなってしまいます。これは間違ったスキンケアの他にアレルギーや栄養不足が原因の場合があります。外からの刺激を受けやすくなり、肌が乾燥し、敏感に傾いてしまうことが原因として考えられます。

ホルモンバランスと肌の関係

月経終了時期から次の排卵期までの一週間は、体温が低下し、血行が悪くなりがちなため、
肌が黄味に傾いたり、くすみが目立ちやすくなる時期。
そのため、血行の促進を意識したケアが大切です。
逆に、排卵期から次の月経の直前までは、体温があがり皮脂の分泌が活発化。
同時に肌のバリア機能が低下するため、特に敏感肌にとっては注意が必要な時期になります。
この時期は刺激の少ない洗顔法で肌を清潔に保つことと、バリア機能を高めるスキンケアが重要です。

 

アヤナス効果/私の年齢でも効果アリ!?アヤナスの感想